大麻銘柄に投資できるETF3選【わかりやすく解説します】

悩んでいる人

投資対象としてCBD銘柄・大麻銘柄にについて知りたい …

悩んでいる人

でも海外の企業を調べたり、分析するのは難しいし、何より面倒 …
簡単に投資したいけど、大麻銘柄のETFはないのかな?

そんなお悩みをお持ちの方に向けて書きました。

こんにちは、やん(@yan_blog)です。

やん

本記事では大麻銘柄ETF 3選について解説します。

こんな人におすすめ

・投資対象としてCBD銘柄、大麻銘柄について知りたい

・大麻銘柄のETFについて知りたい

このブログでは大麻銘柄の財務分析や、大麻市場の情報を発信しています。

ご興味ある方は参考に以下の記事もご覧ください。

あわせて読みたい
市場情報 投資対象として検討するために大麻市場、大麻企業にについて知りたい ...でも日本では情報が限られているし、調べるのは面倒。。。 そんなお悩みをお持ちの方に向けて書...
あわせて読みたい
企業情報 【気になる大麻銘柄を一覧で紹介!】 CDB銘柄、大麻関連銘柄に興味があっても、どんな企業があるのか分からない.... そんなお悩みをお持ちではないでしょうか? 本記事...
目次

なぜ ETFを買うのか?

投資する際の選択肢として個別銘柄もありますが、なぜ大麻銘柄のETFを購入するのか?

理由は2つあります。

  1. ボラティリティ(価格変動リスク)を下げる
  2. 購入しにくい銘柄をポートフォリオに組み入れる

①ボラティリティ(価格変動リスク)を下げる

1つ目は、大麻銘柄は価格変動が大きいので分散投資でリスクを下げるという理由です。

私も大麻関銘柄を保有していて、ある銘柄が1日で10%以上下がって焦った経験があります。

また、大麻市場は成長期にあり企業の統廃合が進んでいます。

その状況下で、個別銘柄に投資しておくのはリスクは大きい。

そのためETFは、リスクを低減しながら大麻銘柄に投資する選択肢の一つになります。

②購入しにくい銘柄をポートフォリオに組み入れる

2つ目は、購入しにくい銘柄もポートフォリオに組み入れる事ができるという理由です。

日本の証券口座から購入できる大麻銘柄が限られていたり、証券口座ごとに取り扱う銘柄も異ります。

また多数の銘柄を購入しようとすれば、手元資金や手数料も多くかかります。

ETFであれば購入しにくい銘柄も含めて、低額で分散投資することも可能なので、

その理由でもETFを活用するメリットがあります。

そもそも大麻市場は成長するのか?

大麻銘柄ETFで分散投資するにしても、そもそも大麻市場は成長するのか?

そんな疑問も出てくると思います。

結論から言うと、大麻市場はこれから大きく成長する市場です。

大麻成分は医学的に優れた効能が確認されており、医療・嗜好用ともに海外で合法化が進んでいます。

そういった背景もあり、大麻市場は下のグラフの様に成長すると予想されています。

  • 世界大麻市場は、2019年に149億米ドル(約1兆5000億円)の規模に達しており、2024年には427億米ドル(約4兆3000億円)に達すると予想されています。市場成長率は2018年に17%、2019年に45.7%と非常に大きく成長しています(出典:Cannabis Business Times)。
※出典:Cannabis Business Times (URL) の数値を基に作成

大麻ETF3選

では本題の大麻ETF3選についてご紹介したいと思います。

ここでは時価総額の大きなMJ、MSOS、YOLOについて解説していきます。

Symbol ETF NameTotal Assets ($MM)
MJETFMG Alternative Harvest ETF $1,595
MSOSAdvisorShare Pure US Cannabis ETF $929
YOLOAdvisorShare Pure Cannabis ETF$342
POTX Global X Cannabis ETF$196
THCXCannabis ETF$150
CNBSAmplify Seymour Cannabis ETF$140
MJJMicrosectors Cannabis ETN$48
TOKECambria Cannabis ETF$36

※2021年6月21日時点(出所:ETF Database)

MJ

ETFMG Alternative Harvest ETF (MJ)について解説します。

ETF概要

  • MJはプライム・オルタナティブ・ハーベスト・インデックスに連動する
  • 世界的な医療用および娯楽用大麻の合法化イニシアチブから恩恵を受けている大麻エコシステム内の企業のパフォーマンスを測定するために設計されている
  • 世界の大麻産業を対象とした米国初、世界最大のETF

構成銘柄 TOP10リスト

各銘柄の財務分析の記事リンクを表内に貼り付けていますのでご興味ある方はご覧ください。

NameSymbol %Assets
TilrayTRLY9.22 %
Grow GenerationGRGW 8.29 %
Canopy Growth CGC7.81 %
Aurora Cannabis ACB6.69 %
Cronos GroupCRON6.49 %
ETFMG Sit Ultra Short VALT5.36 %
HEXOHEXO4.84 %
OrganiGram Holdings OGI4.54 %
Village FarmsVFF3.91 %
22nd Century GroupXXII3.35 %

2021年6月21日時点 (出所:ETF Databeseの情報より作成)

配当利回り2.69%(2021年6月18日時点)直近1年のパフォーマンス+46.6%となっています。

(13.60USD(2020年6月19日)に対して、19.94USD(2021年6月18日)で算出

MSOS

次にAdvisorShares Pure US Cannabis ETF (MSOS)について解説します。

ETF概要

  • AdvisorShare社が提供する米国の上場アクティブ運用ETF
  • AdvisorShares社の大麻投資戦略に特化した2番目のファンド
  • 米国内の合法的な大麻関連株式のみに投資することで、長期的な資本増強を目指す
  • 株式は、中規模および小規模の企業を対象とする
  • 選定される銘柄は、REIT、ヘルスケア、カンナビジオール(CBD)、医薬品、水耕栽培などの分野に焦点を当てている

構成銘柄 TOP10リスト

Security DescriptionStock Ticker Portfolio Weight %
GREEN THUMB INDUSTRIESGTBIF12.10%
CURALEAF HOLDINGS INC CURLF12.05%
TRULIEVE CANNABIS TCNNF11.02%
CRESCO LABS INCCRLBF9.36%
RECV AYR WELLNESS INCAYRWF7.09%
TERRASCEND CORPTRSSF6.81%
INNOVATIVE INDUSTRIAL PROPERTIES IIPR4.96%
COLUMBIA CARE INCCCHWF4.55%
HARVESTHEALTHHRVSF4.53%
PLANET 13 HOLDINGS PLNHF4.35%

2021年6月21日時点(出所:ADVISOR SHARESの情報より作成)

配当利回りN/A(2021年6月21日時点)パフォーマンスは下記期間※で+86.8%となっています。

 ※2020年10月1日(20.90USD)〜2021年6月1日(39.04USD)期間で計算

YOLO

最後に ADVISORSHARES PURE CANNABIS ETF (YOLO) について解説します。

ETF概要

  • AdvisorShare社が提供する米国の上場アクティブ運用ETF
  • 米国で大麻に特化した初のアクティブ運用ETF
  • 国内外の大麻関連の株式に投資することで、長期的な資本増価を目指す
  • 経験豊富なポートフォリオマネジメントチームの指導のもと投資を行われる

構成銘柄 TOP10リスト

Security DescriptionStock Ticker Portfolio Weight %
VILLAGE FARMSVFF15.39%
INNOVATIVE INDUSTRIAL PROPERTIES IIPR10.10%
TILRAYTLRY6.45%
CANOPY GROWTH CORPCGC6.34%
GROWGENERATION CORPGRWG6.23%
GREEN THUMB INDUSTRIES GTBIF6.15%
CURALEAF HOLDINGS INCCURLF5.93%
HARVESTHEALTHHRVSF5.31%
TRULIEVE CANNABISTCNNF4.90%
CRESCO LABS INCCRLBF4.59%

2021年6月21日時点(出所:ADVISOR SHARESの情報より作成)

配当利回り1.10%(2021年6月21日時点)直近1年のパフォーマンス+81.3%となっています。

(11.16 USD(2020年6月19日)に対して、20.23 USD(2021年6月18日))

まとめ

最後にまとめです。

まとめ
  • 大麻市場は今後大きく成長すると見込まれる市場である
  • ただし、大麻銘柄は成長期にありボラティリティ(価格変動)が大きい
  • ボラティリティ(価格変動)やリスクを低減するための一つの選択肢としてETFがある
  • 時価総額TOP3の大麻銘柄ETFの直近1年のパフォーマンスは+40%〜+85%程度
  • 大麻銘柄ETFの構成銘柄は、REIT、ヘルスケア、カンナビジオール(CBD)、医薬品、水耕栽培に関連する銘柄が含まれる(詳細は本文に記載)
やん

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる